大量にヨーグルト取れば良いという発想

腸内環境を良くしようと思って考えた、私の単純な発想をどうぞ聞いてください。

大量にヨーグルトを食べるとそれだけ乳酸菌を摂取することができますよね?

だから私はスーパーで大量のヨーグルトおよび乳酸飲料を買ってきたのです。

それを食べると大量の乳酸菌を体の中に摂取することができるのですから、

これで完璧といういわんばかりに私は自信満々にそれらの乳製品を食べていました。

するとどうでしょう、効果が出始めたのかお腹がゆるくなってきたのです。

もう早速効果が出たのかなとおもい、感動していたのですがどうやらお腹の調子はそれ以降も続く悪いままなのです。

私はよくよく調べてみて、なんと顔が青ざめる結果になったのですが、

乳酸菌をとればとるほど良いのではなく、

自分の体質に合った乳酸菌を取らなければいけないことを知ったのです。

つまり自分の体に合ったものを選ばない限り、体を悪くすることともつながってしまい、強いては腸内環境を整えるどころか、かえって不健康な体になってしまうという具合になってしまうのです。

その結果になってしまった私は、今ではいつも通りの摂取量にかえました。実際にその乳酸菌が私の体に合っているのか、そして腸内環境が整っているのかどうかは分かりません。しかしながら便秘がなくなり、今となっては快便となっているのです。

と考えると、このヨーグルトはあってるのかなという気がします。

大量にとればいいという発想は本当に馬鹿げた発想ですよね。

30代になっても考える、この考えをどうぞお許しください。

 

 

 

 

大量にヨーグルト取れば良いという発想 はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.